目指せ!投資・投機マネーの達人!のTOPに戻る


中立のストラテジーとは?

日経225オプション取引の最もスタンダードな戦略は、「ショート・ストラングル」です。
この戦略は、日経平均株価がもみ合いとなり、小動きになった場合に有利となる「中立のストラテジー」です。

ショート・ストラングは、高い権利行使価格のコールと、低い権利行使価格のプットを売るという戦略です。
2種類の権利行使価格の間で、日経平均株価が推移した場合は、時間的価値が減少するので、より大きな利益を狙うことができます。
逆に、大きく日経平均株価が動くと、リスクが拡大するので、証拠金が膨らんでしまう可能性があります。
つまり、ショート・ストラングでの最大利益は受け取ったプレミアム分で、損失は無限大になるということです。

また、「ロング・コンドル」も、日経平均株価のもみ合いにより、小動きになった場合に有利となる「中立のストラテジー」です。

ロング・コンドルは、ショート・ストラングルと同じように、権利行使価格の高いコールと、権利行使価格の低いプットを売るという戦略です。
権利行使価格のコールとプットを、ひとつ幅を取って買うので、受け取るプレミアムは少なくなりますが、損失は限定することができます。

また、大きく日経平均株価が動いたとしても、あらかじめリスクが限られていることから、証拠金は低くすませることが可能です。
つまり、ロング・コンドルでの得られる利益は、最大で受け取るプレミアムの分で、最大損失は限定されることになります。

関連コンテンツ

日経225オプションの売買単位について

株を買う際には、購入できる最低売買単位というものがあります。 株式は1株ずつ買うわけではなくて、ある程度まとめてワンセットとして買わなくてはなりません。 たとえば、トヨタ自動車の場合は、株の売買単・・・

オプションの売買戦略「ストラドルの買い」とは?

オプションは、保険として利用する方法もありますが、「投機」として、積極的に利益を上げるために、オプションを買う方法もあります。 オプションの買い手の損益は、最初に支払うプレミアムに限られ、潜在・・・

時間価値と本質的価値とは?

時間価値と本質的価値とは、どのようなものかを理解するために、3つのコール・オプションを例に挙げて説明します。 プット・オプションの場合は、コール・オプションの逆だと考えてください。 たとえば・・・

オプション取引のオススメ会社

オプション取引は、少し前まで、電話注文によるものが一般的でした。 しかし、インターネット証券が増加したことによって、現在では、気軽にインターネットで取引することができるようになりました。 「ひ・・・

限月と権利行使価格について

限月とは、先物取引やオプションの満期がある月のことをいいます。 たとえば、1月に満期となるオプションのことを「1月限のオプション」、2月に満期となるオプションのことを「2月限のオプション」と表現しま・・・

ボラティリティの種類について

ボラティリティには、ヒストリカル・ボラティリティとインプライド・ボラティリティという2種類があります。 「ヒストリカル・ボラティリティ」とは、過去の継続的な原資産価格の変動を平均化して算出されま・・・

プット・オプションのメリット

多くの株を保有していたのに、ブラック・マンデーが突然やってきて、跡形もなく資産がなくなってしまった、という話をよく聞くと思います。 そのような場合に備えて、保有している株に対して、保険を掛ける方法を・・・

コール・オプションについて

コール・オプションとは、原資産を買う権利のことです。 株券が原資産の場合、「株を、ある特定の日時に、特定の価格で買う権利」がコール・オプションなのです。 それでは、株券のコール・オプションにつ・・・

弱気のストラテジーについて

日経225オプション取引の売買戦略(ストラテジー)には、 日経平均が下落すると有利となる、 「シンセティック・ショート」と、 「ベア・スプレッド」という、 「弱気のストラテジー」があります。・・・

オプション取引口座のオススメの選び方

日経225オプション取引を始めるために、 自分で口座を実際に開設しようとすると、 何十社もあるインターネット証券会社の中から、 どのようなことを基準にして、 選択すれば良いのか悩むと思います。・・・

多彩なオプション戦略について

満期日までオプションを保有する場合、 満期日にいかにして最大利益を得られるポジションを、 組み立てるか、ということが投資目的となります。 基本のオプション戦略パターンは、コールの買いと売り、 ・・・

プット・オプションとは何?

コール・オプションが、ある物(原資産)を買う権利である ことに対して、プット・オプションはある物(原資産)を売る権利です。 株券が原資産である場合、プット・オプションは、 「株券を、ある特定・・・

ボラティリティについて

オプションの価格であるプレミアムを決めるには、本質的価値と時間価値が重要な要素となります。 本質的価値は、権利行使価格と原資産価格によって決まり、本質的価値をもっているのは、イン・ザ・マネーのオプシ・・・

日経225オプションの特徴について

国内で一般の個人投資家が取引することができるオプションは、「日経225オプション」だけです。 日経225指数を原資産としているオプションで、大阪証券取引所に上場されています。 指数を対象としてい・・・

権利行使の際に注意すること

権利行使については、注意しなければならない点があります。 それは、権利行使の際、対象とする日経平均株価は、正しくは、オプション最終取引日の翌日に算出された日経平均株価であるということです。 た・・・

オプション取引を始める前に確認しておくこと

実際に、オプションの取引を行なうには、いくつかの点を確認しておく必要があります。 まず、利益を得るためか、保険のためかなど、取引の目的を明確にしましょう。 また、投資対象としての長期的な取引か・・・

波乱のストラテジーとは?

大きく日経平均株価が動いた場合に有利となる「波乱のストラテジー」には、「ロング・ストラドル」と「ショート・バタフライ」があります。 「ロング・ストラドル」は、今後、日経平均株価が大きく動くだろう・・・

相場安定時の戦略方法

相場の安定が予想される場合には、「ショート・ストラドル」と「ロング・バタフライ」という戦略を立てます。 これらの戦略は、日経平均株価がこう着状態になると利益が得られます。 「ショート・ストラド・・・

強気のストラテジーとは?

日経225オプション取引では、コール・オプションとプット・オプションを組み合わせたり、権利行使価格がそれぞれ異なるオプションを組み合わせたりすることで、相場の状況に合った多岐に渡る戦略(ストラテジー)・・・